未分類

弊社のSDGsへの取組みについて

こんにちは。ISM野田です。

気づけば8月が終わろうとしていますね。。

今年の夏はコロナワクチン接種後、副反応に苦しんだ思い出が残りました。。。

 

さて、本日はISMのSDGsへの取組みについてご紹介したいと思います。

最近どこかしこで耳にすることが増えた「SDGs」という言葉。

みなさまはご存知でしょうか??

恥ずかしながら、私は具体的な内容は全く知りませんでした。

ISMでも取り組んでいくことになり、初めてSDGsについて勉強をしました。

 

SDGsはすべての人々にとってよりよい、持続可能な未来を築くための17の目標がカテゴリー別に定められていて、

あまり難しく考え過ぎず、出来ることから始めたら良いということでさっそく社内会議を開き

取組む内容について検討した結果・・・・

 

3:すべての人に健康と福祉を・・・健康診断の実施、持病などの早期発見・受診の促進

4:質の高い教育をみんなに・・・入社後の教育カリキュラムによって質の高いドライバーを育てる

5:ジェンダー平等を実現しよう・・・業務内容や労働時間の改善によって働きやすい環境作り

7:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに・・・燃費を意識することによる丁寧な運転で事故防止とエコドライブを実現

 

まずは以上4つのことに取組んで行くことになりました!

 

個人のちからは小さなものかもしれませんが、自分たちに出来ることからコツコツと・・・。

それがやがて実を結ぶ日がくるのだと思います。

2030年までに各目標を達成することが重要だそうです!

 

簡単に達成することはできないかもしれません、

しかしSDGsについて話し合い、考える時間が何よりも有意義に感じられました。

 

みなさまも自分に出来ることから取り組んでみてはいかがでしょうか(^^)/

 

https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/31737/

熱中症対策

今回の大雨により、被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

いよいよ梅雨明けも近づいてまいりました。

皆さんもご存知と思いますが、この時期(7月下旬~8月上旬)にピークを迎えるのが

【熱中症】です。

 

【熱中症】の主な要因

◎環境(気温が高い、湿度が高い、無風など)

◎体(疲れ、寝不足、病気など)

【熱中症】の主な原因

◎発汗による水分喪失

◎体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすること

◎体温調節機能の乱れ

【起こる症状】

◎めまい・立ちくらみ

◎頭痛・吐き気

◎けいれん

等、ほかにも体に様々な症状がみられます。

 

【熱中症】になったら大変ですので、対策を何個か紹介します。

◎喉が渇かなくてもこまめな水分補給

◎塩分補給

◎十分な睡眠・栄養を取る

 

コロナ禍の今、皆様マスクを着用している事と思いますが、

マスクが【熱中症】を引き起こす要因にもなるようですので、夏場のマスク着用には注意して下さい。

皆様も色々な対策を講じて、これから続く猛暑を乗り切りましょう。

 

路線課 中山でした。

 

早いもので。。。

気が付けばもう6月ですね。

じわじわと暑くなって来ました。

これからの時期怖いものと言えば・・熱中症です。。

ドライバーさんは水分補給、塩分補給をしながらの作業になりますが、

現場も風も通らない場所、炎天下の現場など様々です。

そんな中、涼しい顔をして仕事をこなすドライバーさん。

凄いですね😄

高速道路で弊社のトラックを見ると嬉しくなります。

は~しれ♪はしれ♪ISMのトラック~♪

神戸営業所 杉尾でした。